ANSでは外国人技能実習制度に基づき、ネパール人技能実習生を日本に送り出すに当たって、技能実習の適正かつ円滑な実施のために、派遣前実習教育を行います。
日本語教育
日本語教育イメージ
選考された実習生予定者は、ネパールで4ヶ月間、日本語の習得を目指して日本語学校で受講します。
日本語教育については、前半は日本語の基礎力をつけるための学習、 後半はコミュニケーションのための基礎学習の2部構成となっています。
前半は、研修生が来日後に困らない最低限の日本語能力を身につけることを目標にしています。
学習内容は、日本語基礎・読み・書き、教室での実習、会話練習です。
日本の生活習慣
日本の生活習慣イメージ
日本と、ネパールは様々な共通点があります。しかし生活習慣・マナー・ルール等の違いがあります。日本で日常生活する上で支障が無いように交通ルールやゴミ分別等日常生活に必要なマナー、仕事のマナー等の事前研修を受けます。
フォローアップ
全く知識・経験が無いと実務研修に支障がでます。
日本入国後、入国受け入れ機関等で実務に即した教育実習を行います。
日本語学校