ネパール連邦共和国
世界最高峰のエベレストをはじめ、高い山々が連なるヒマラヤ山麓に位置するネパール。中国、インド、ブータン、バングラデシュと隣接するネパールは、お釈迦様の国であり、 この国ではまるでひまらやの氷のように平和と静謐が当たり前の存在となっています。ネパールの人々はその夕刊さや忠誠さ、平和と規律を守るという礼儀作法や性格で知られます。 ネパールはまた、生い茂る緑と深い雨林、そしてその素晴らしい芸術的な風景にも恵まれており、息をのむほどに美しい景色は世界中の観光客を惹き付けてやみません。

機会があれば親しみを込めて「アジアのスイス」と評されるこの美しいヒマラヤの国を是非訪れてみてください。

ネパール国旗
一般情報
国名 ネパール連邦民主共和国
面積 14.7万平方キロメートル(北海道の約1.8倍)
人口 2,649万人(2011年、人口調査)
首都 カトマンズ
民族 パルバテ・ヒンドゥー、マガル、タルー、タマン、ネワール等
言語 ネパール語
宗教 ヒンドゥー教徒(81.3%)、仏教徒(9.0%)、イスラム教徒(4.4%)他
政治体制 連邦民主共和制
2014年4月現在 ※外務省ホームページより抜粋。
→ ネパール基礎データ| 外務省
ネパール大使館ビザ申請